MyPacE

自分のペースで進み行く、全スキルマスターと言うお馬鹿な山頂へ。

誰得だよ俺得だよ講座 【小説の書き方その3】  

誰だよ予約機能マジ天使とか言った奴は。

俺です更新サボり御免なさい赤髪の人デス。



皆ブログ書いてるヒィみたいな流れで。

書こう書こうと思いながら、思うだけで数日。

とりあえずこのシリーズを終わらす!ってことで更新です。



小説となると、やっぱり得意不得意ありますが

絵と似たようなもので、他の人のを読むなり練習するなりが一番。

昔の小説読んで目逸らしたくなれば上手くなってる証拠、が小説でもありますし。



っと言うことで小説の書き方その3、行きますよー!








 *赤髪の人流の小説の書き方 (更新のモチベとヒント)







 ●開く度に目を通す

 多分誰にでも誤字脱字があり、「恥ずかしい」とゴロンゴロンする方居るでしょう。

 実際指摘され「やべぇ!」と思ったことが赤髪の人にもありますし、しかもかなり序盤と言うね!

 それから気を付けていることですが、続きを書く前に一度。

 その話の文章を毎回見直しています。

 声に出す必要もなく、続き書こうと開く度一度ただ読み返すのです。



 長らく放置してしまった長編小説の途中であれば、更新するやる気を出したら

 一度最初から全て目を通し、流れを思い出してから続きを書きますし。その途中、意外とネタが浮かんだりもします。



 ●ボキャブラリーを時々増やす

 「~は言った。」と会話の後に入れるのは定番中の定番。ですが、作者が飽きる、マジで。

 使える単語増やしてぇとか思う方は多々居ると思いますが。

 その時こそJISHO!辞書!

 分厚い辞書でページをペラペラめくるも良いですが、赤髪の人は「goo」の辞書検索を使っています。


 「アレだあれ、なんて言う名前だっけー?」って言うのも、検索サイトさんが能力発揮してくれます。

 一部を除いて・・・ですがね!(木の各所の名称とか調べるにも出無さ過ぎて折れた経験有り)



 その他にも、ライトノベルでも何でもいいので本を読むと、使いこなすには時間かかりますが徐々に増えて行くのでお勧めですよ!



 ●記号?なにそれおいしいの?

 当然ながら小説に顔文字とか、笑いを表す「ww」とか照れを表す「///」は使いませんよ、全て文章!



 ●文章は常に意味深

 風景なんてのが一番良い例ですね。何か企む事があれば曇天で不吉な予感を漂わせたり

 笑顔溢れ明るい光景であれば、雲など一つない晴天を映すことがあるでしょう。

 何か一つ、いえいえ10個ぐらい謎を仕込んでも良いかもしれませんね。

 謎が謎のままで終了する癖を何とかしたい赤髪の人です。



 ●ありがちを蹴飛ばす

 よくある、バレンタインデーやら卒業式だのそんな行事にまで書いて投稿。

 そんなの全て蹴飛ばします。そんなアニメとかで好きなCPと~とか見飽きるほど被りますから!

 ドリームとかでの序章、まずあれトリップですよね。飽きましたハイ。

 
※実は数年前まではそんな個人サイト立てていたが足洗った赤髪の人。



 ●最初から明かしちゃ面白くない

 過去の話なんて特に、出来れば終盤で明かしてしまうと盛り上がるかもしれませんね。

 勇者が仲間を連れてラスボスへ、しかしその仲間の内一人が勇者に刃向けるなんて

 ある程度想定内ではあるでしょうが衝撃を走らせます。「あぁやっぱりな」って反応もあるでしょう。



 それでわくてかする赤髪の人は厨ニ病ですよね知ってます。

 
某都会を舞台としたアニメや某魔法少女の終盤とか、そりゃもう盛り上がりましたよえぇ。



 ●なるべくリアルに表現

 最近はネトゲ関連の小説ばかり書いていますが、これまたこだわりあったりします。

 ネトゲでは普段レベル、経験値、HP、MPだのなんだのありますが、全て無しとして。

 経験が長ければ当然、鍛え抜かれた筋肉で弱い者を圧倒させるでしょう。

 魔力が底を尽きてしまえば、戦士には無い気だるい疲労感や眩暈に襲われるように。

 他は何でしょう?高い所から落ちれば足の骨折って即病院行きとか・・・?



 ●ネタが尽きたら

 どうする、赤髪の人ただいまここで書く話が尽きました。いや、書くネタまだありますけど。

 詰んだら読み返すに限ります。読者さんが気になっていながら忘れられた謎が隠れているかもしれません。

 止めるのであれば、ネタが尽きる前にある程度残した状態で少し筆を休めるのが一番でしょうかね・・・。








 文章に対してのモチベーションは、妄想から成り立つような気がしています。

 絵とは違い、能力など関係無く文章は思うままに書くこと出来ますし、ボキャブラリーさえあれば!その点からすると小説書く方が楽と言う錯覚が生まれるのでしょう。絵も小説も書く人からすると全然そうでもないですけど。



 次回小説の書き方4回目、最後は登場するキャラクター、その他書き残したことを書いていきたいと思います。


category: その他

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://mmomypace.blog.fc2.com/tb.php/207-141174f8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)